脳汁オヤジの巣
Pinaにも相手にされない、金もない、PPPでもつまはじき。そんなあなたの独り言専用ボードです。
投稿者
メール
題名 
内容 
URL 
認証キー(必須)pppと半角で入力

   


乳の日   06月20日(月)15時41分49秒

もう一年たったのか。

Pna育成ゲームに疲れた今日この頃。

ポーズ機能は付いて居ないし、何時になったらクリア出来るんだろ?

lubog bhay nmn m  02月20日(土)20時19分23秒

いつの頃だったか、飛行機の窓からふと地上がよく見渡せた時、
マニラ北方の高速道路あたりを眺めていて驚いた。
その高速道路の西側殆どが水に沈んで海のように見えたのである。
それはマロロスからサンフェルナンドあたりにかけてだったが、
以前そんな光景を目にしたことはなかった。
が、よく見れば、ところどころ陸地はあり、町々はか細くも点々
とつながっており、人がそこに存在し、現に未だ生息している
だろうことは見てとれた。
僕はたまたま横に座っていたフィリピン人の女に外の有様を示し、
説明か感想を求めようとしたが、その事に女はさしたる関心を示
さず、なにか的外れなことをいうだけだったので、話は納得なく
終わった。

それからふた月ほど経った頃だろうか、僕はその地方のある一人
の女と知り合い、自らそこへ見聞に出向く。
高速道路からマロロスに降りてみると、空から見たほど、彼らの
いう「baha」(洪水)の影響は感ぜず、街は正常に活動しているよ
うに見えたが、知り合った女の家に向かうにつれ、家々は少なく
なり、道は水に囲まれていく。
そしてこれから先は車は行けないという所まで来た。

車を降りて見渡せば、なにか水田の多い地方というふうにも見え
るが、そうではない、という。
それは魚もいない、ただの無用の水たまりだというのである。
水田のように浅くも無く、池のように深くもない。
ただ、無用とはいえ、ところどころホテイアオイのような群落に
花が咲いているのを見た。

そこまで来ると女が迎えに来ていた。
実はその女をネット上のあるサイトで知り、女がブラカン、マロ
ロス在だということと、憎からぬその所作にも絆され、会話を試
みるうち、ついに会うということになったのだった。
初めて現実に見る女は意外に小柄で若かった。彼女は18歳だと言っ
ていて、それを鵜呑みにしていたわけではなかったが、これは間
違えば、いわゆるchild abuseに該当する案件になろうと知れた。

彼女は水の上に出来た径(こみち)を犬のように軽やかに跳んで僕
を導いた。途中、二枚板を掛けた橋や棒を使って飛びこさねばな
らない難所も過ぎて、彼女の家へたどり着くと、その家は葦の生
えたやや小高い土地の上に建った平屋で、見たところ4,5間四方、
20坪ほどだろうか、その前に愛想のない男がひとり、ぼやっと立っ
ていた。年の頃は云っても30前には見えた。
彼女がその男を僕に紹介するでもなく、ほぼ無視して僕を家の中
に引き入れたので、
「誰だいアレは? キミのアサワか?」と訊くと、 
いやマネージャーだというのである。
マネージャー、という言い方にはちょっと片腹痛いが、要するに
彼女の使うコンピューターのオーナーということに過ぎない。
そこで僕は事情を了解し、
「じゃ、本当のキミの家はどこだね?」と訊いた。
「ハゴノイ」

実際のところ、そこもマロロスではなく、なお海よりのパオンボ
ンだった。
彼女はハゴノイから出てきて、その家に住み込みで「働いている」
という体裁なのである。
パソコンのLANの先を辿ると、それは屋根のうえのアンテナに繋がっ
ていた。
アンテナの先にあるはずの電波塔はすぐに見つかった。なにしろ
四方は水たまりだから、さえぎるものがない。それで、料金は月
900取られるという。雨が降ったり、アクセスが過多だと忽ち信号
が途絶えてしまうという詐欺まがいの回線なのだが。
この辺では、モールなどのショップの売子が日給260で、それもわ
ずか6か月でオハコになる。
とはいえ、この水たまりのなか、百姓も漁師も出来なければ、勤め
先もあるはずもないから、インターネットなるものが、ただこの小
汚い家の土間に座っていて、この地上の何処からかそこに金を運ん
でくれる希代の発明装置ということになれば、是非もなければ、む
しろ僥倖ということになろうか?

が、さもあればあれ、そのインターネットもそれに繋がるパソコン
も無論、彼女の所有ではない。例えれば彼女はそれを持てる者の下
に這いつくばる餓鬼のごときものに過ぎない。
その最下層でのカスリがいかほどのものなのか、と言えば、どうも
それはマニラ、マビニ当りの両替屋やコンビニの入口で、垢まみれ
の手を差し伸べて押し頂く釣銭のおこぼれ程度のものだろう、とい
う気がする。こうしたはした金は、入るとすぐ消えてしまうので、
例えば自分が一日平均幾ら稼いでいるのか、よく算定できない。
だから訊かれても分からない。 

そこへ、例の水の上の径を伝って、別の女の子が現れた。彼女の
co-worker だった。
今のところひとつのパソコンを二人で順番に使っているのだが、時
にはそれが3,4人になる時もあるといった。
ひとりで24時間できるわけもなかろうから、それもよかろうが、実
際にはこの仕事、ぼんやり客を待ってる時間のほうが長い。
いかに世界広しといえども、そのモニターの向こうにある需要人口
は知れたものだろう。おまけにひとりのperformerに対するrepeater
としての客の数はなお少ない。客は飽くのである。
ただ、時々、いつの世、どこの世界にもいる、「いいひと」に遭う
幸運がある。そして、どうもその「いいひと」には日本人が多いら
しい。

僕は娘らにハゴノイへはどう行くのか? と問うたが、その答えが、
どうもあまり珍奇な想像を掻き立てる旅になるとも思わせなかった
ので、それはまたの機会ということにして、二人をマロロスのファ
ーストフードの店へ連れていって、食わせ、鷹揚なる日本人の噂の
様をやや意識しながら、「マニラに行きたい」という彼らの欲求を
躱して、幾ばくか与えて別れた。

さて、これが空から海のように見えて、茫漠たる地平とそこに張り
付く人間共の、中世的絵画を想像させ乍ら、来てみると妙に他愛も
ない、現実味の薄い印象の土地への旅の最初だった。実際僕はその
最初の旅では、なんとも実像が掴めなかった。
それに、僕の感触では、そこに住んでる人間共が、自分たちに起き
ている状況のモノグラフに、何か悲しいほど無関心であるかのよう
に思えた。あたかも、僕が最初に空からこの光景を見、その感想を
求めようとしたフィリピン人の女が、そうであったように。

乳の日も近いのでちょっとだけ 乳の日  06月13日(金)08時51分44秒

あれからアパートを契約し、そこに入り浸っています。

彼女はとってもヤキモチ焼きで破壊神です。
ピリピンに居るの彼女の所に遊びに行った帰りにセントレアについて
電源を入れたらABCチョコの写真が送られてきた。

!!

よ〜く見るとキーボードだったヨ。(ToT)

その後もフィリピンで買ったポロシャツはのれんの様に・・・。
ベルトは昆布の切れ端の様に・・・。

ま〜何が言いたいかと言うと、まだ生きてるって事だ。

生きてりゃどうにかなるって事だ。(^o^)/~~楽観的

あっ!そうそう。
茨城に居る元カノに電話して相談にのってもらったとか
常識はずれな事するけど、愛い奴よの〜〜〜

生きていて lo  04月27日(日)20時41分30秒

続きが書けたら、書いてほしい。

>半年過ぎた   04月15日(火)17時49分59秒

>半年過ぎた lo  04月27日(土)13時38分37秒

>どうした??>イカウ

まだ生きてる。
生きてるってすばらしいよな。

桃源郷 そんちゃい  11月23日(土)04時17分35秒

昨日嫁の兄貴の元奥さんと会った。
オ−プンして間もない私達のレストランに尋ねてきたのだ。
意外と綺麗な人だった。
話には聞いていたが、あの男には勿体無い女性に見えた。
愛人を作って、こんなほっそりとした上品な女性と別れるとは、
なんと愚かな。

彼女は北部パヤオ出身の色白で裕福な家庭の出身である。果樹畑が
ありさまざまな果物が植えてあり、まだ若かりしころの嫁も
よく遊びにいったことがあり、そこはまさに桃源郷のような場所
であったらしい。私はその話を何度も聞かされその度に、心の中で
私がその果樹園で楽しむ機会を失う原因を作った嫁の兄貴が恨めしかった。
桃源郷のような果樹園で子供のようにさまざまな果実をほおばるのも
一興じゃないか。

その彼女が車に嫁と乗り込んで来た。嫁と元義理の姉は寸暇を惜しむように
昔話を続ける。8年もタイにいると完全に彼女たちの話はわかる。
彼女はろくでもない亭主と分かれてから、結婚したがまた旦那に浮気されて
先週証拠を捕まえたんだそうな。

タム(嫁の兄貴)はなんてひどいことをしたんだと嫁の家族の女性たちは涙を流した。逆に一生懸命隠してるのか彼女には屈託はない。

別れた旦那が放った呪詛を素直に信じたのだろう。
子供の産めない裕福な本妻を棄て貧しい愛人を選んだ男の態度は
お前は男に愛されない女だという呪いだ。さびしいときに何度も
神を問い詰めるつもりで、何度も尋ねたのだろう。自分は男に愛されない
女なのかどうかと。それが暗示となったのか2度も男に愛人の下に
去られた。

嫁は高校のころから彼女と7年も住んでいたのだという。アジア通貨危機
の後の貧しい時も一緒に住んでいたのだという。私達のバブルと同様に
彼女たちの中にもアジア通貨危機の記憶が折に触れて出てくる。たいていが
裕福なその前と貧しいその後だ。

それでもあの男は悪い男だというと、嫁が兄貴も時折泣いているという。
あの男も泣くのか。
奴はかれの元嫁には会うと泣いてしまうので会いたくないと言っているらしい。だったらなぜ?

その答えは、2人のパズルが変形してしまったと考えると早い。
元の場所には収まらないのだ。

裕福な本妻を棄てて、貧しいながらぅ健気な愛人と子供をつくり
新しい本妻としてしまった。子供2人はどちらも彼女とは違う2人の違う女の子供。

裕福な女を棄てた男は何年も経済問題に苦しんだ。
後悔しないわけがない。

女は女で新しい旦那にまた棄てられた。

2人ともゆっくりと抗いきれない運命に絡みとられただけなのだ。
そして2人とも涙しながら元の鞘に戻れない苦しみを囲っている。

別れたフィリピン女性のことを思い出した。
別れが潜在的に迫っていた夜、私は夢を見た、彼女が日本の屋敷に
幽閉されて私とは出れないという。千と千尋の神隠しの舞台の中に
出てくるような屋敷に幽閉されている彼女。

後戻りできない、形の変わったパズル、運命なのだ。
しかもあざとくも私たちを後悔させようとする。

打ちのめし、後悔を迫る。不細工なアカレンジャーである私にすら
鈍痛を胸に感じないわけにはいかない


半年過ぎた lo  04月27日(土)13時38分37秒

どうした??>イカウ

私・・・ホームレスになっちゃったE   10月15日(月)11時40分39秒


定時まで仕事をし帰りがてら電話をかけた。

「もしもし」一呼吸開けて返事が返ってきた。

「私・・・ホームレスになっちゃった(テヘッ)」

マジに家を出たようだ。


どうする>俺


つづく・・・かも?

私・・・ホームレスになっちゃったD   10月15日(月)11時38分54秒


しばらくまったりとしているとまた彼氏から電話だ。

最初は穏やかに話をしていたが、「今ホテルに居るんだろ!」と彼氏に
言われキレた。

「もう家をでるから、もう我慢の限界、今日帰ったら話し合おう。」
「逃げないでよ、ちゃんと家にいなさい」

電話を切るとこちら向いて「責任とってね(ニコ)」

女って怖え〜〜っていうか責任ってなに?


なんとかタクシーで帰宅し寝ないで会社に行き眠い目をこすりながら
一日をすごし、定時まであと30分位だったがメールが入った。


♪(メール着信音)♪

「denwa iidesika」

電話をかけてほしい様だ。

私・・・ホームレスになっちゃったC   10月15日(月)11時38分15秒


車の中では彼氏のグチ、お店のグチをずっと喋っていた。

そろそろ家の近くに近づくと、「飲も!(^o^)/」と物すごい笑顔
で言われ、その笑顔に負けて魚民にはいってしまった。

しばらくグチを聞かされながら飲んでると帰りの遅い彼女を心配
してか彼氏から電話がきた。

「なにっ! 飲んでるっ! 友達っ! いいじゃん! 関係ない!」

彼氏が何を言ってるのか想像つく受け答えだった。

「帰る、帰る、わかったから、帰るから。」

電話を切ったあと生中を頼む彼女は強いと思った。

魚民を追い出され、まだ帰りたくないという彼女と車の中で話をして
いると空は青くなりかけていた。

私・・・ホームレスになっちゃったB   10月15日(月)11時36分30秒



「なんで来たのよ! やさしくしないでっていったじゃない!」
「これ以上好きになったら・・ヒック、ヒック」

そっと抱き寄せ頭をなでる。彼女が顔を上げ目と目が合う。

私の頬にそっと手が添えられ彼女の顔が近づいてくる。

ヤバイ、頭の中では危険信号を発しているが体がゆう事をきかない。

やっちゃった(ー_ー;)

ゆっくりと体を離ししばらく無言のまま見つめ合った。

「責任とってよ! あんたが悪いんだからね。」

はぁ? どんな理論だそりゃ?

とりあえず自分の車を置いて、彼女の車で家の近くまで送って
行くことにした。その時は帰りはタクシーで帰るつもりだった。

私・・・ホームレスになっちゃったA   10月15日(月)11時35分54秒


何かおかしいと感じた私は電話をしてみる事にした。

「もしもし? どうした? 大丈夫か?」

返事はないがすすり泣く声が微かに聞こえてくる。

「今どこだ?」と聞くと「お店の駐車場・・・大丈夫だから」

「待ってろ、すぐ行く」と言いながら車に乗り込み走らせた。

走りながら泣いてる理由を聞き出そうと声を掛けるが呂律が回っ
ていない。泥酔してる様だ。

励ましながら車を走らせ駐車場に着くとポツンと一台だけ軽自動
車が止まっていた。

車に近づき窓をノックするが気が付かない。相当酔っている。
大きくノックするとやっと気が付き、助手席に乗り込んだ。

私・・・ホームレスになっちゃった@   10月15日(月)11時34分49秒

♪(メール着信音)♪

「denwa iidesika」

電話をかけてほしい様だ。



前々から同棲してる彼氏の事で相談と云うグチを聞いていたが、
そんな事を繰り返していると二人の距離は段々近づいていった。

親密にはなっていったが、まだ完全に彼氏と別れた訳じゃないの
でそれ以上の仲にまでは発展しなかったし、するつもりもなかった。

昨晩の事だが、深夜に意味不明なメールが届いた。
「大丈夫か?」とメールすると、「daijoubu」というメッセージ
と意味不明の文字の羅列がメールされてきた。

私・・・ホームレスになっちゃった@   10月15日(月)11時31分49秒

♪がだめなのか?

♪(メール着信音)♪

んじゃ細切れで、   10月15日(月)11時27分55秒

いこうか

ん?   10月15日(月)11時27分18秒

文字数制限があるのか?

てst   10月15日(月)11時26分41秒

投稿できない。(ToT)

403だって。

むかし   07月17日(火)00時10分28秒

どどんぱ氏がセブのハズレに長期休暇で言っていたときに、現地で仲良くなったババエに
「あ、そういば、もう一人ニホンジンいる。会うか?」と言われ、会ったそうな。
すると、どうも話がかみ合わない。そして日本語がいまひとつ通じない。なんじゃコイツ? と思ったら、
案の定そいつは韓国人だったそうな。
本当に国籍偽装するんですね。ウエブの神話じゃなかったんだ。びっくり。

案内してくれたババエも「そうかー、やっぱり、なんか変だと思っていたんだ」
と、言っていたそうです。

自業自得   06月26日(火)16時35分43秒

奴らの危険性を告知しない日本政府、旅行業界も悪い。


韓国語
http://www.ukopia.com/ukoOverseasNews/?page_code=read&uid=147899&sid=17&sub=128


サンスター紙(フィリピン)
http://blog-imgs-44.fc2.com/s/a/i/saidoudesu/201206261512351a7s.jpg

URL
http://www.sunstar.com.ph/cebu/local-news/2012/06/26/2-young-koreans-face-rape-case-228772


2012 ば2  01月01日(日)05時10分33秒

あけおめ!

2012 ば2  01月01日(日)05時09分56秒

あけおめ!

拾ったコピペ   10月03日(月)18時50分41秒

女は時間と金がかかる(girls require time and money)ので

Girl = Time × Money ・・・(1)

時は金なり(Time is Money)という諺によると

Time = Money ・・・(2)

(2)を(1)に代入すると

Girl = Money × Money

ここで、金は諸悪の根源(money is the root of all evil)だから

Money = √(Evil)

したがって

Girl = √(Evil) × √(Evil) = Evil

女=悪 (証明終)

ぽろりっ sonin  09月27日(火)13時25分17秒

とてもナイスでした!(*´ω`)b→ http://nn7.biz/oppai/top.html
http://nn7.biz/image/show.cgi?20110506S004


7月24日(日) 森の小人  04月25日(月)21時27分13秒

18:00より

北上市さくらホール小ホールにて

三陸復興応援チャリティダンスイベント開催


コソッ   01月11日(火)20時29分01秒

あけおめ   サッ

>かましゃぶさん ふぃりぴん  12月21日(火)21時57分48秒

フィリピンの仕事終わりました。

これから仕事探しです。

暇ですのでお手伝いできることがあったら
ご連絡ください。

前のyahoo.co.jpのアドレス生きてます。

ひさびさの かましゃぶ  11月25日(木)12時53分38秒

某KTVのとってもかわいい女の子たちを部屋に誘ったらやってきたので、川の字就寝。
2人とも酔っ払ってたけどこっちも眠くて紳士的な一夜でした。
翌日片方だけが再訪したので、じゃあってことで・・・。

押し込められていたものを引っ張り出して、○○○○してあげたら、1分ももたずに無言の昇天でした。

おかげでまだのどの奥がいがらっぽいです。

黙ってちゃわかんねえだろ!

新大久保の片隅で ばku  10月25日(月)02時41分52秒

いぬにく売ってるとこはけーん!
¥1400/キロですた。
実はとーっても美味いらしい。

声闘 ( ソント )   08月21日(土)11時14分27秒

世界でただ一国のみに存在する単語だ。

討論とかディベートでは無く「声闘」なのだ。

車の事故で自分が悪くても「声闘」で押し切れば有利になると言う。

裁判所でもこの「声闘」が行われているというから司法も終わった
ようなものだ。

韓国人の声のデカさ m  08月19日(木)00時25分34秒

まことに、驚くほどのデカい声を出せる人種ではある。

もっとも、それが人種的特長なのか、それともたまたまそういう個人に
行きあっただけなのか、はよく分からない。

もしかしたら、兵役ということがあるかもしれない。
あれは兵役で鍛えた声なのではないか? どうもただの酔っ払いの叫ぶ声と
いうのでなく、まことに明瞭で、透る声なのだ。

よく、ステージで男たちが肩を組んで歌ってるのを見るが、あれは軍隊の
仲間意識の高揚なのではないか?

いづれにしても、僕ら日本人はますます隅に追いやられ、無聊を託つ日々ではある。

ただ、最近ふと感じるのは、この日の出の勢いの韓国の一種の「驕り」というものだ。
カラオケのババエの辟易する顔に、驕れる韓国への、正直な感想を見る。

やがて、驕る平家久しからず、ということになるのだろうか?

もっとも、この韓国の傍若無人さが、若干、日本人に幸いしているようにも
感じる。ピリピーナという人種は、デカい声をカミナリのように怖がるのである。
怖がって、横にいる大人しい日本人にすがりつくのだ。

以上は、現在登録されている新着順1番目から30番目までの記事です。

[終了]


管理パスワードの変更
記事の削除は管理パスワードを入力


MiniBBS v7.91 is Free.
Arranged by Yuzy Takada